ウォーターサーバーのボトルの捨て方について

ウォーターサーバーを設置するときの水のボトルの種類には、2つのものが選択できます。


ワンウェイ方式とボトル方式のどちらかを選ぶことが可能で、どちらが良いのかは生活スタイルによって変わります。使用したボトルを自分で捨てるタイプがワンウェイ方式で、自分で捨てることなく空のボトルを保管しておいて、水宅配業者に回収してもらうタイプがボトル方式となります。

All Aboutが話題になっています。

ボトルの本体はPET樹脂でできているために、リサイクルが可能な素材となり、キャップ部分はポリエチレンのために、2つに分別してPET樹脂のボトルの部分はリサイクル資源ゴミとして捨てて、キャップ部分は不燃ごみとして捨てます。
ウォーターパック形式の水が採用されているウォーターサーバーのメーカーもあり、捨てるときにコンパクトにたたむことが可能です。
ウォーターパック形式のボトルであれば、分別のために分解する必要がありませんので、捨てるときの手間を省くことができます。



ウォーターサーバーを選ぶときに、ワンウェイ方式にするときには、水のボトルの捨て方についても把握しておくと決めやすくなります。



ウォーターパック方式の水は捨てるときにコンパクトにできるメリットがありますが、配送されてくる方法がダンボールに入れて送られてくることを予め知っておくことが大切です。
1個のダンボールの中に、4個のパックが入っている形式となりますので、捨てるときの手間を少なくできます。ウォーターパック形式のボトルはゴミ捨ての手間を軽減できますが、どうしてもゴミ捨てが嫌だと感じている人の場合には、ボトル方式のものを選んでおけば、ボトルは業者が回収してくれますので自分で捨てなくても良くなります。